おじさんが、今さらながらオリジナル曲CD化プロジェクト詳細

ヤマハ「SYNCROOM」の設定方法

レッスンの音ズレを解消するアプリ

Zoomアプリでオンラインレッスンを行う際、音ズレを起こしたり、音の干渉により、同時に音や声を出すことができずに上手くレッスンできない場合があります。

ヤマハの「SYNCROOM」という無料のアプリを使うことで、ピアノと同時に発声練習や歌を歌うことが可能になります。

「SYNCROOM」の設定についてご説明します。

SYNCROOM設定方法

①まずは以下ヤマハ「SYNCROOM」のサイトにアクセス。

https://syncroom.yamaha.com/

アクセスすると以下画面が出てきます。

②「今すぐダウンロード」をクリック

③Windowsかmacを選択しダウンロード。

④ダウンロードするとインストール用の圧縮ファイルができます。

⑤解凍すると以下のフォルダができます。

⑥インストーラーをダブルクリックするとインストールが始まります。

次へをクリック
アプリをインストール中の画面
インストール完了「閉じる」ボタンをクリック

⑦パソコンのデスクトップに以下のショートカットが作成されます。

⑧クリックしてアプリを起動します。

次にログイン(アカウント作成)画面に遷移します。

⑨お持ちのメールアドレスとパスワードを入力してください。

初めての方は「メールアドレスでアカウント作成」へ進んでください。

⑩続いて「チュートリアル」の設定となります。

取り敢えずで結構ですので設定してください。あとで変更も可能です。

設定が終わったら次へをクリックしてください。
SYNCROOMの画面へ戻ります。

これでまずはSYNCROOMの設定は完了です。

オンラインレッスンの方法

SYNCROOMへの入室

「SYNCROOM」ルーム名とパスワードを指定して入室します。

ルーム名は「TAKESHI歌のオンラインレッスン」です。

パスワードは体験レッスンをお申し込みいただいた際にお知らせいたします。

Zoomアプリの起動

Zoomアプリの設定方法はこちらをご参照ください。

画面はZoomアプリを使って行いますが、音はSYNCROOMを使ってやり取りします。

Zoomアプリの左下の方にマウスを持って行くと「マイク」マークが出てきます。

必ずZoomアプリのマイクはミュートにしてください。横の∧をクリックすると詳細が表示されます。

そこでマイクとスピーカーを「Yamaha SYNCROOM Driver(WDM)」を選択してください。

これで準備はOKです。

オーディオインターフェースやマイクがあればさらに快適にレッスンができます。
※オーディオインターフェースはこちらをご参考ください。
※コンデンサーマイクはこちらをご参考ください。