おじさんが、今さらながらオリジナル曲CD化プロジェクト詳細

追悼!ジャッキー吉川との思い出 ~お墓参り~

2018年12月ディナーショーでの1シーン
目次

ジャッキーさんのお墓参り

2020年4月にジャッキーさんが亡くなって以来ずっと気になっていたお墓参り。

ジャッキーさんの付き人からマネージャーになった元マネージャーの働きかけでやっと実現することに。

ニューブルーコメッツのメンバーや事務所の人達、ジャッキーさんに縁のある20人ほどの人が東京八王子で集うことになりました。

名古屋から東京へ

「Go Toトラベルキャンペーン」は使えるの?と早速調べてみましたが、普通に東京に行って帰ってくるだけでは対象にならないと分かり、仕方なく普通に新幹線で行くことに。

聞いてはいましたが、新幹線の車内はガラガラ。

平日だったこともありますが、3列席にはほとんど誰も座っていませんでした。

思い起こせば、新幹線のチケットを買う時、駅員さんに「2人掛け窓側でいいですね」と聞きもしないのに勝手に言われた意味がやっと分かりました。ほとんどの席が窓側に1人という光景でした。

そして新幹線は新横浜駅に着き、横浜線に乗り換え八王子に向け出発しました。

久しぶりにメンバーとの再開

片倉駅で待ち合わせ、改札口を出たところの喫茶店で久しぶりにニューブルーコメッツのメンバー達と再開しました。

みんなそれなりに年を取っていましたが、元気な姿を見てとても嬉しく思いました。

ジャッキーさんのお墓に向かう前、しばしの間昔話に花が咲きました。

遅れていたメンバーも揃いいよいよジャッキーさんのお墓へ。

ジャッキーさんとの再会

上り坂をしばらく歩き墓苑へ。

とても静かな場所で落ち着いた雰囲気が印象的でした。

お墓の前にお花、ジャッキーさんの大好きだったジャックダニエル、そして僕のCDをお供えしました。

そしてお墓に向かい手を合わせ、久しぶりにジャッキーさんと再会。

これまでの感謝の思いを伝えるとともにCD発売の報告をしました。

ニューブルーコメッツのメンバーと縁のある人達

ジャッキーさんを囲み皆で記念撮影。

お互いの近況を報告しあったり、色んな思い出語り合ったりしました。

帰路へ

墓苑を後にして帰路へ。

名古屋に帰る前、折角なので皆で食事をすることに。

少し早い時間でしたが、八王子駅近くのとある居酒屋へ。

食べ飲み放題のコースでしたが、店員さんはカタコトの日本語での応対のため、結局システムがよく分からないままスタート。

最後に分かったのは、いくら注文してもいいが残したら別料金がかかるということでした。

食べ飲み放題のメニューを見てまずは注文。

とりあえず「生ビール!」と注文。

飲んでみると少し変。

メニューをよく見ると「ビール系飲料」と書いてあり少し騙された感もありましたが、料金も安いのでまぁ食べ物がおいしければいいかと焼きそばを注文。

ところが出てきた焼きそばはまるで「カップ焼きそば」。

もしかして「焼きそば系食料」では?とメニューをを見返しましたが普通の焼きそばでした。

そんなこんなでそんなメニューの話をつまみに楽しいひと時を皆で過ごし、その後八王子から名古屋への帰路に。

ジャッキーさんへの感謝、CDの報告など、願っていたジャッキーさんの墓参りを無事終え充実した一日が終わりました。

ジャッキーさんの夢

何故か僕はジャッキーさんの夢をよく見ます。

色んなシーンが出てきますが、先日お墓参りに行く少し前に見た夢は、僕がジャッキーさんに駆け寄りジャッキーさんの手を握り「ジャッキーさんこれまで本当にありがとうございました!」と泣きながら訴えていました。夢の中でもジャッキーさんが既に亡くなっていることを分かっている体(てい)で訴えていたのです。

改めてジャッキーさんに感謝の思いを伝えられたような気がしました。

その時、コロナ対策なのか何故かジャッキーさんが使い捨ての手袋をしていたことが笑えました!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる