おじさんが、今さらながらオリジナル曲CD化プロジェクト詳細

追悼!ジャッキー吉川との思い出 ~エピソード⑥「久しぶりの再会」~

目次

約10年ニューブルーコメッツとしてのライブがない期間

2009年にジャッキーさんとニューブルーコメッツで一緒にライブをして以来しばらくニューブルーコメッツの仕事がない時期がありました。

その頃ジャッキーさんが体調を崩してしまい仕事ができる状態ではなかったのです。

その後復帰された後、今度はブルーコメッツの仕事がメインとなり、ニューブルーコメッツとしての仕事がなくなったという訳です。

僕の還暦ライブ

ニューブルーコメッツの仕事がなくなった頃から僕は名古屋のメンバーと「ブルーシャドーズ」を結成して、名古屋を中心にバンド活動を開始しました。

ジャッキーさんとブルーシャドーズのメンバー

還暦を記念して愛知県芸術劇場小ホールで還暦記念ライブを行いました。

その際ジャッキーさんからメッセージをいただきとても嬉しかったのを覚えています。

還暦ライブも無事終わり、そうだ今年の還暦の締めくくりにジャッキーさんに名古屋に来てもらい一緒にライブをしようとひらめきました。

すぐマネージャーに連絡しスケジュール確認をしてもらい、2018年12月22日に「TAKESHI GO!GO! LIVE X'mas Dinner Show」を行うことが決定しました。

約10年振りの再会

会場は残念ながら昨年閉館した名東区にあった「サンプラザシーズンズ」ホテルでした。

スタッフに名古屋駅までジャッキーさんとマネージャーを迎えに行ってもらい、リハーサル前のサウンドチェックの時に到着。

ジャッキーさんと約10年振りの再会でした。

若干歳を取られた印象(お互い様か?)でしたが、とても元気な姿で感激しました。

リハーサルのスタート

久しぶりにジャッキーさんのドラムで歌えることに興奮しました。

とても懐かしいドラムの音とリズム感、10年前を思い出しながらブルーコメッツのナンバーを歌いました。

中でもリハーサルとは言えジャッキーさんのドラムソロは圧巻でした。当時80歳でしたが、とてもそんな感じではなく、前と変わらぬパワフルな感動的な内容でした。

いよいよ本番のスタート

お客様の食事が終わりいよいよショー本番のスタートです。

最初は僕とブルーシャドーズのメンバーでクリスマスシーズンにちなんだ曲やJポップの名曲を何曲か歌いました。

そしていよいよジャッキーさんのの登場です。

会場の皆さんと声を揃えて「ジャッキーさーん」と呼び込んでジャッキーさんの登場。

ジャッキーさんは相変わらずの張りのある声で挨拶をして、舞台で僕と少し昔話をしたりとお客様を和ませていました。

そしてジャッキーさんのドラムで何曲か歌い、そしていよいよ「ルシール」の曲の中でジャッキーさんのドラムソロが始まりました。

その内容はとても口では表現できないほどのドラムソロで、魂のドラムソロといった感じでした。

お客様もそのドラムソロに引き込まれていくのを感じました。

あとで聞いた話でしたが、ブルーシャドーズのメンバーのドラムの丹菊さんは、そのドラムソロに感動して直立不動で拝見していたそうです。

ホテルの部屋で

ディナーショーも大成功で終わり、ジャッキーさんのサービスでお客様との写真撮影などを行いイベントは終了。

そして機材の撤収も終わり、シャワーで一汗流しジャッキーさんの部屋へご挨拶に伺いました。

久しぶりにマネージャーと3人でジャッキーさんの大好きな焼酎を飲みながら、昔話に花が咲きました。

そしてジャッキーさんから「ユー、今日はありがとう。良かったらまた来年感謝の集いでもやろう」と言ってくださったのです。

実際に翌年の8月に「感謝の集い」は実現しました。

名古屋駅で

次の日ジャッキーさんとマネージャーを僕もホテルに泊まっていたので、車で名古屋駅までお送りしました。

車の中でもディナーショーの事や来年の事をいろいろ話しながら駅に向かい、そうこうしているうちに名古屋駅に到着。

最後に来年の再会を約束し、ガッチリ握手して見送りました。

僕にとってとても良い思い出となりました。

※ジャッキーさんとの共演の様子は以下でご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる