おじさんが、今さらながらオリジナル曲CD化プロジェクト詳細

新星☆ブルーコメッツライブ開催!!~名古屋からの旅立ち日記~

目次

名古屋から東京の会場へ

名古屋出発

新幹線車内から撮影

いよいよ新星☆ブルーコメッツのスタートの日。

2021年4月17日、記念すべき一日の始まりです。

名古屋から新幹線に乗り、東京のケネディハウスに向かいました。

やはりコロナの影響なのか土曜日なのに車内はガラガラで、隣の席に座っているところはほとんどありません。

東京到着

品川駅に到着し、山手線に乗り換えて新橋駅へ。

新橋駅に着き外へ出るといつの間にか雨が。

ケネディハウスは初めてのライブハウスなので、携帯のナビを使い傘を差しながら向かいました。

ナビ通り行き、到着ですと言われた場所には別のお店が…?

「あれ、ここじゃないのか」しばし近辺を探していると、開いたドアの中にドラムセットが見え、もしかしたらここかも?と思い中に入ってみると、目的のお店でした。

コロナ対策で換気のために開けていたドアのおかげで見つけることができたとは、少し皮肉ですね。

リハーサル

ブルーコメッツのメンバー到着

お店の中に入るとすぐにスタッフの方がご挨拶に来られました。

自己紹介を済ませ、予定より少し時間が早く入ったのでブルーコメッツのメンバーはまだ到着していません。

すでにお店のスタッフの方々は今日のライブの準備に入られていて、その中にひと際響くSaxの音色。

そうです、今日のライブのサポートメンバーの渡辺徹さんが先に入っておられ、今日の演奏曲の練習をされていました。

そうこうしているうちに、ブルーコメッツのメンバーが到着。

三原綱木さんとは久しぶりに対面。小田さんと高橋さんとは初対面。

それぞれにご挨拶をしていよいよリハーサルのスタートです。

リハーサルのスタート

リハ前のサウンドチェックの様子

新星☆ブルーコメッツのドラム担当のSEIJIさんも到着しリハーサルが始まりました。

ブルーコメッツの曲は長年歌い続けてきたので特に歌に不安はありませんでしたが、いつもは主旋律を歌っていて、今日はいつもとは違うパートを歌うことになっていたので、リハではうまくハーモニーが出るかを確認しながら行いました。

リハでは独特のブルコメサウンドを感じました。

ジャッキーさんのドラム同様にSEIJIさんの力強いドラム。

綱木さんの情感たっぷりなギター。

小田さんのオルガンの音色。

高橋さんのピック弾きのベース。

そして何よりも皆音がデカイ!!

楽器の音に負けないよう声を出して歌いました。

本番スタート

リハが終わり少しの休憩を取った後いよいよ本番が始まりました。

東京もコロナが増えてきて、急遽無観客での開催となりました。

生配信ライブでの始まりです。

ベースの高橋さんの体調を考慮して1曲終わったらMCを入れながらの進行でした。

僕は配信の中のコメントをチェックしながら進行に加わりました。

いろいろコメントをいただき、ありがとうございました。

ブルーシャトウから始まり全13曲。アンコールで再度ブルーシャトウ。

とても楽しく歌うことができました。

2021年4月20日、間もなくジャッキーさんの一周忌を迎えます。

天国のジャッキーさんもブルーコメッツの復活を喜んでくれたと思います。

無観客となったケネディハウスの客席
綱木さんの赤いギターがひと際目立っています

記念撮影

ライブが終わり、新星☆ブルーコメッツのメンバーで記念撮影。

今回は無観客ライブとなりましたが、コロナが終息し早くお客様を入れてのライブができる日がくることを祈っています。

次回開催もお楽しみに!

生配信でライブをご視聴いただいた皆様、応援ありがとうございました!!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる